HIV検査キット比較一覧表はこちら

2006年09月20日

クンニリングスでHIV感染しますか?

クンニリングス(女性器を口で愛撫する性行為)でHIV感染するでしょうか?
クンニリングスをされる側とする側とでは状況が異なります。

クンニリングスをされる側の場合
クンニリングスをされても性器に付いたのが相手の唾液だけでしたら、たとえその相手がHIV感染者であっても感染する可能性はありません。
ただし、相手がハミガキ直後で出血しているとか、歯周病があってそこから出血している、あるいは口の中に傷があってそこから出血しているような場合、しかもある程度まとまった量の血が出ているような場合は、唾液だけとは言えなくなりますので、感染の可能性は出てきます。
HIVを含む性感染症予防には、コンドームを切り開いて1枚の膜のようにして、それを押し当てた上からクンニリングスをしてもらうといいでしょう。
女性用コンドームも有効です。
日本ではなかなか手に入りませんが、もし手に入るようでしたら、歯科治療で使うデンタルダムというラテックス製の薄いシートもオーラル・セックスによる性感染症予防に有効です。

クンニリングスをする側の場合
相手の膣分泌液を口腔粘膜で受けることになりますので、もし相手がHIV感染者ならば、粘膜を通して感染する可能性があります。
その際、粘膜に傷がなくとも感染の可能性はあります。特に相手の女性が生理中の場合は、そこに血液が加わるため感染する可能性は高まります。

予防するためには、コンドームを切り開いて1枚の膜のようにして、その上からなめるようにすると、直接膣分泌液と接触しないので感染予防になります。あるいは、先にも述べたように女性用コンドームやデンタルダムも有効です。

肛門性交(アナルセックス)はHIV感染しやすいですか?
posted by O at 12:10 | TrackBack(1) | 感染経路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

hな4610
Excerpt: hな4610
Weblog: hな4610
Tracked: 2006-10-06 23:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。