HIV検査キット比較一覧表はこちら

2006年09月20日

フェラチオでHIV感染するでしょうか?

フェラチオ(ペニスを口で愛撫する性行為)でHIV感染するでしょうか?
フェラチオをされる側と、する側とでは状況が異なります。

フェラチオをされる側の場合
フェラチオをされた時にペニスに付いたのが唾液だけでしたら、相手がHIV感染者であったとしても感染することはありません。
しかし、例えば口の中に傷があって出血していたとか、常時ジクジクと出血しているような歯周病があるとか、ハミガキ直後で出血していたというような場合は、血液が唾液に混じりますので感染する可能性はゼロとは言えなくなります。
ただし、そのような場合でも、ある程度まとまった量の血液が必要ですから、出血しているかどうかわからない程度の量では感染はしません。
HIVよりも感染力の強い性感染症もありますので、フェラチオされる場合もコンドームの使用がHIVを含めた性感染症の予防には有効です。

フェラチオをする側の場合
コンドームなしでフェラチオをして、口の中に射精された場合、もし相手がHIV感染者だったなら、口の中および食道は粘膜ですので、そこに傷がなくても、粘膜を通してHIVが体内に入り、感染する可能性があります。
一般に、唾液や胃液には多少の殺菌力があると言われていますが、口の中に射精された精液や飲み込んでしまった精液に含まれるHIVの感染力を失わせてしまうほどの効果は期待できません。
口の中で射精されても、精液を飲み込むより、すぐに吐き出したほうが感染の可能性は低くなりますし、さらに吐き出した後、うがいをしたほうが感染する可能性は低くなると考えられますが、いずれの場合も感染の可能性はゼロにはなりません。
感染の可能性はあります。
口の中で射精がなかった場合は、射精があった場合よりも感染の可能性はかなり低くなりますが、男性が性的に興奮してくると、射精前であってもペニスの先端からカウパー液という分泌液(先走り液・がまん汁)が出てきます。
このカウパー液自体に感染力があるかどうかはわかりませんが、HIVは含まれていますし、精液が混じることがありますので、精液に準じた扱いをしたほうがいいと言われています。
したがって、もしコンドームなしでフェラチオをした場合、たとえ口の中で射精がなくても、感染の可能性はゼロとは言えません。

フェラチオのようなオーラル・セックス(口を使った性行為)においても、コンドームをすることが、HIVはもちろん、他の性感染症の予防となります。
コンドームのラテックスの匂いが気になる場合は、(ラテックス・アレルギーに配慮した)低アレルギー仕様のものがゴム臭も少ないですし、また、ラテックスではないウレタン製のものも販売されています。
あるいはフルーツなどの香りつきのものも市販されていますので、それらを試してみるのも一案でしょう。
ただし、オーラル・セックスで使ったコンドームは歯などの摩擦で傷ついている可能性がありますので、挿入の際には新しいものに取り替えたほうがいいでしょう。

クンニリングスでHIV感染しますか?
posted by O at 12:13 | TrackBack(0) | 感染経路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。